国際企業法務・国際訴訟・国際交渉の総合サイト

日本・北米・ヨーロッパ・中南米・アジア・オセアニア・中東・アフリカ

国際訴訟・コーポレート案件はこちらから

国内の調査嘱託・文書送付嘱託・当事者照会|海外から強制開示


                                  • 国内では困難な調査・会計監査・書類や情報の取得
                                  • 裁判所・当事者・第三者に頼らない、国外での強制的開示

海外での訴訟リスク|訴訟の無効化


                        • 国際争訟に『巻き込まれてしまう』リスクは、海外進出にともない顕在化
                        • 取引先を超えた不特定多数が、潜在的な海外訴訟の原告
                        • 日本から出ることなく、訴訟・判決を無効化するための事前準備で事業に専念

国際法務・訴訟(法人・個人)に関する新着情報

お知らせ一覧
  1. ロシア制裁|会計、法人・信託設立、経営コンサルティング他の商品およびサービス提供等の禁止。各国の政治…

  2. 在宅勤務と法規制|米国(州)の雇用でも、被雇用者が居住し在宅勤務する他国(他州)の法規制が適用される…

  3. 契約書・変更・口約束|再交渉を避けたい場合(例:見えない有利な条件の織り込み)、口頭だけで変更できる…

  4. 商標権侵害|差止・損害賠償・不当利得返還の請求か、パートナリングか、第三の道か?当事者以外のステーク…

  5. 企業機密の漏洩|機密と情報、取得と使用。国・地域で異なる違法性と証明責任。漏洩に関わった人・場所・行…

  6. 日本の児童手当・海外で受給|実家に住民票を残し不正受給した場合、移民法を含めて日本国内外で取締りの対…

  7. スクレイピング|競合他社による自社サイトからのデータ収集、一般公開されたページからであれば違法性なし…

  8. Eコマース・ 障害者保護 法|物理的な店舗だけでなく【オンライン・ショップのみ】も対象に。中小企業も…

  9. 従業員ハンドブック|契約書にはない仲裁・特許譲渡・競争避止などの義務・権利、関連書類でステルス契約化…

  10. 職場でのセクハラ・性暴力|被害者(自称・他称)が望まない仲裁の全面的禁止。訴訟回避は、原告の想いと原…


ニューヨーク|性犯罪・性暴力|民事損害賠償請求権|時効消滅でも、特別な1年間に提訴が可能(2022年11月~2023年11月)


過去の性犯罪・性暴力の被害者と加害者。既に時効が消滅していても、損害賠償を求め加害者を訴えられる特別な1年間。被害者や加害者だけでなく、加害者の雇用者・元雇用者も巻き込む法案が、ニューヨーク州議会を通過し、5月24日に知事が署名。2022年11月から【特別な1年】が始まる。

                          • 訴えられるリスクを抱えるのは、加害者の(元)雇用者も同じ
                              • 米国内外の日本企業・学校法人なども含む(通常のリスク・危機管理では対応困難)
                          • 懲罰的賠償
                              • 日本では認められていない巨額の『懲罰的賠償』も含む
                          • 立証責任
                              • 経過した年月は、逆に証拠となりうる軌跡を残す