M&A・合併・買収・出資|マイノリティ株主の実質的影響力。立場と目的に合わせた拡大縮小は、地域の法規制に沿った『見える』契約書や『見えない』事業構造で対応。

  1. リベンジポルノ・使用者責任|加害者が従業員の場合、雇用者も損害賠償請求の対象になることも。2022年…

  2. 内部告発者の保護強化|下請け業者や元従業員への報復も取締り対象、サプライチェインを網羅したコンプライ…

  3. 現地法人設立|設立自体はオンライン業者を使えば数万円から。契約の有効性などにも影響するため、国・地域…

  4. 海外直接投資・EU|フランス初の海外直接投資(FDI)に関するガイドライン、海外投資家・手続きの見え…

  5. 契約書・不公正な条件|北米・EU・オーストラリア、『優越的地位の濫用として不公正な取引』認定を容易に…

  6. 駐在員・家族|国際免許証と日本の免許証は常に一緒に携帯を。無免許運転やスピード違反でチケットを切られ…

  7. 営業秘密|(元)従業員による営業秘密の取得・持ち出し・漏洩・使用、『不正』と成せる証拠の類・質は訴訟…

  8. ウーバー・犯罪|運転手の『被害者』になるだけでなく、『加害者』として疑われてしまう場合も。女性や駐在…

  9. RICO法・組織犯罪規制法|民事であれば、提訴自体の無効化も可能。その機会を逃さないために、提訴され…

  10. 知財|知財の無法地帯(中国や韓国以外も)では、日本的な道徳観は誰も評価しない。国・地域・自治体レベル…

  11. 会社の債務|法人税・消費税・給与など、法人の代表者や役員等が個人的な支払い義務を負う場合も。刑事責任…

  12. 事業継続計画 (BCP)|社外向けBCPは、国・地域・地方自治体の法規制および業界基準を最低限遵守。…

  13. 国外の銀行・投資口座| 国税庁等への報告義務と罰金1万ドル、報告義務違反ごとに1万ドルか、口座ごとに…

  14. リモートワーク|コロナ時代の従業員ハンドブック、会社所在地と在宅勤務地の国・地域・自治体の法規制に遵…

  15. セクハラ・秘密保持の無効化|示談合意書の秘密保持や悪評・風説の流布の禁止条項、被害者の違反は免除され…

  16. 海外取引|取引最優先で誰もが詐欺被害に。取引先候補の実態把握調査をし、契約違反されても・違反しても損…

  17. 契約社員|EUほか、短期雇用の原則的撤廃の動きが加速。雇用関係やコンプライアンスだけでなく、関係国・…

  18. 親権・養育費|裁判所や弁護士が決めたルールに縛られず、法律違反を回避しながら、子供を守るには中長期的…

  19. 従業員情報・データ保護|従業員通知の義務の拡大と厳格化、コンプライアンスのためにハンドブック等の更新…

  20. 障害者保護法・バリアフリー|店舗・職場を含めた民間施設も対象。米国ADA・カナダACA・欧州EAAだ…