セクハラ・性暴力|被害者(自称・他称)を逆に訴える加害者が増加する中、雇用者の損害賠償責任リスクの評価は複雑化。

  1. 借金|未払いカード・医療費・ローン・家賃の取立てのため、住居・銀行口座・給与等の財産の差し押さえられ…

  2. メンタルヘルス|強制入院|基準は自治体任せ。本人・家族・隣人の関係次第で救済にも悪夢にも。

  3. 賃金の透明化|大企業~零細企業は、時給・年収を明確化し公開せねばならない。米国やEUでの賃金格差解消…

  4. セクハラ・性暴力|被害者(自称・他称)を逆に訴える加害者が増加する中、雇用者の損害賠償責任リスクの評…

  5. 内部告発・証券法違反|報奨金を増加し、内部告発制度を拡大。米証取だけでなく多岐に渡る監督官庁・法規制…

  6. セクハラ・性暴力| 時効消滅でも、損害賠償請求は可能(期間限定)。加害者が駐在員であれば、帰任・離職…

  7. ハーグ・国際離婚|『誘拐犯にされない』機会は、妊娠・結婚・別居にあり、機会を見逃せば里帰りすら出来な…

  8. 元従業員の証言|離職した問題社員の証言が、裁判で必要になったら?解雇したモンスター社員の証言を、不利…

  9. 従業員の監視・リモート|国・地域・地方自治体で、監視の合法性や従業員への事前通知義務の有無も異なる。…

  10. 雇用・給与開示・リモート|2022年11月(NY市)から、ほぼ全ての業界・雇用先・会社規模(従業員4…

  11. リベンジポルノ・使用者責任|加害者が従業員の場合、雇用者も損害賠償請求の対象になることも。2022年…

  12. 内部告発者の保護強化|下請け業者や元従業員への報復も取締り対象、サプライチェインを網羅したコンプライ…

  13. 現地法人設立|設立自体はオンライン業者を使えば数万円から。契約の有効性などにも影響するため、国・地域…

  14. 海外直接投資・EU|フランス初の海外直接投資(FDI)に関するガイドライン、海外投資家・手続きの見え…

  15. 契約書・不公正な条件|北米・EU・オーストラリア、『優越的地位の濫用として不公正な取引』認定を容易に…

  16. 駐在員・家族|国際免許証と日本の免許証は常に一緒に携帯を。無免許運転やスピード違反でチケットを切られ…

  17. 営業秘密|(元)従業員による営業秘密の取得・持ち出し・漏洩・使用、『不正』と成せる証拠の類・質は訴訟…

  18. ウーバー・犯罪|運転手の『被害者』になるだけでなく、『加害者』として疑われてしまう場合も。女性や駐在…

  19. RICO法・組織犯罪規制法|民事であれば、提訴自体の無効化も可能。その機会を逃さないために、提訴され…

  20. 知財|知財の無法地帯(中国や韓国以外も)では、日本的な道徳観は誰も評価しない。国・地域・自治体レベル…