1. セクハラ・性暴力|被害者(自称・他称)を逆に訴える加害者が増加する中、雇用者の損害賠償責任リスクの評…

  2. セクハラ・性暴力| 時効消滅でも、損害賠償請求は可能(期間限定)。加害者が駐在員であれば、帰任・離職…

  3. 元従業員の証言|離職した問題社員の証言が、裁判で必要になったら?解雇したモンスター社員の証言を、不利…

  4. リベンジポルノ・使用者責任|加害者が従業員の場合、雇用者も損害賠償請求の対象になることも。2022年…

  5. 営業秘密|(元)従業員による営業秘密の取得・持ち出し・漏洩・使用、『不正』と成せる証拠の類・質は訴訟…

  6. ウーバー・犯罪|運転手の『被害者』になるだけでなく、『加害者』として疑われてしまう場合も。女性や駐在…

  7. RICO法・組織犯罪規制法|民事であれば、提訴自体の無効化も可能。その機会を逃さないために、提訴され…

  8. 知財|知財の無法地帯(中国や韓国以外も)では、日本的な道徳観は誰も評価しない。国・地域・自治体レベル…

  9. セクハラ・秘密保持の無効化|示談合意書の秘密保持や悪評・風説の流布の禁止条項、被害者の違反は免除され…

  10. 海外取引|取引最優先で誰もが詐欺被害に。取引先候補の実態把握調査をし、契約違反されても・違反しても損…