1. セクハラ・秘密保持の無効化|示談合意書の秘密保持や悪評・風説の流布の禁止条項、被害者の違反は免除され…

  2. 海外取引|取引最優先で誰もが詐欺被害に。詰めた交渉を始める前に、取引先候補の実態把握調査をし、契約違…

  3. 契約書・変更・口約束|再交渉を避けたい場合(例:見えない有利な条件の織り込み)、口頭だけで変更できる…

  4. 商標権侵害|差止・損害賠償・不当利得返還の請求か、パートナリングか、第三の道か?当事者以外のステーク…

  5. 企業機密の漏洩|機密と情報、取得と使用。国・地域で異なる違法性と証明責任。漏洩に関わった人・場所・行…

  6. スクレイピング|競合他社による自社サイトからのデータ収集、一般公開されたページからであれば違法性なし…

  7. 職場でのセクハラ・性暴力|被害者(自称・他称)が望まない仲裁の全面的禁止。訴訟回避は、原告の想いと原…

  8. 内部告発と帰国|報復の取締りが世界的に強化されるなか、告発者の日本帰国が示唆する懸念。取締りの枠の外…

  9. 秘密保持契約(NDA)|契約終了後の義務と権利、MA・業務提携・特許など目的と立場でドラフト

  10. 債務|法定利率・利息でも、全て帳消しになる場合も。記載された%だけでなく、実質的な率で判断